ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他

デクマックス(デキサメタゾン)

1 1 1 1 1 4.5
  • デクマックス(デキサメタゾン)の商品画像01
  • デクマックス(デキサメタゾン)の商品画像01
メーカー:GLS Pharma 発送国:シンガポール・インド
デクマックス(デキサメタゾン)の概要

炎症反応や免疫反応の抑制、アレルギー性疾患の治療等、幅広い用途で活躍するヒト用ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)です。

成分 デキサメタゾン
効果 抗炎症作用、免疫抑制作用、アレルギー性疾患の治療等
副作用 ニキビや頭痛、嘔吐、高血圧、消化不良等
服用方法 1日1回から2回 ※症状、体重、年齢により異なります。
デキサメタゾン配合商品一覧はこちらから

販売価格

デクマックス(デキサメタゾン) 8mg

個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
8mg
40錠
3,640
1錠あたり
(91円)
109pt
カゴに入れる
獲得pt:109pt
8mg
80錠
5,330
1錠あたり
(66円)
159pt
カゴに入れる
獲得pt:159pt
8mg
120錠
6,650
1錠あたり
(55円)
199pt
カゴに入れる
獲得pt:199pt

デクマックス(デキサメタゾン) 4mg

個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
4mg
40錠
3,240
1錠あたり
(81円)
97pt
カゴに入れる
獲得pt:97pt
4mg
80錠
4,530
1錠あたり
(56円)
135pt
カゴに入れる
獲得pt:135pt
4mg
120錠
5,520
1錠あたり
(46円)
165pt
カゴに入れる
獲得pt:165pt
メーカー:GLS Pharma 発送国:シンガポール・インド
デクマックス(デキサメタゾン)の概要

炎症反応や免疫反応の抑制、アレルギー性疾患の治療等、幅広い用途で活躍するヒト用ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)です。

成分 デキサメタゾン
効果 抗炎症作用、免疫抑制作用、アレルギー性疾患の治療等
副作用 ニキビや頭痛、嘔吐、高血圧、消化不良等
服用方法 1日1回から2回 ※症状、体重、年齢により異なります。
デキサメタゾン配合商品一覧はこちらから

デクマックス(デキサメタゾン)の商品詳細

GLS Pharmaが製造・販売しているデクマックスは、内服タイプのヒト用ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)です。
炎症やアレルギー疾患等の治療に使用されています。
副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1種にコルチゾールと呼ばれるものがあります。
糖や脂質、タンパク質、骨といった様々な部位の代謝に関係する物質です。
デクマックスを含む内服・注射タイプのステロイド剤は、このコルチゾールがもつ抗炎症作用や免疫抑制作用とほぼ同様の作用をもたらします。
病気の原因そのものを完治させるわけではありませんが、炎症反応や過剰な免疫反応を抑制する効果がある為、各種炎症や肺炎、アレルギー性疾患、自己免疫疾患、悪性リンパ腫、気管支喘息等の幅広い症状の治療に使用されている医薬品です。
また、デクマックスの有効成分デキサメタゾンは、新型コロナウイルスの重症患者の治療に効果があることでも注目されています。

参考サイト

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。

医療医薬品:デキサメタゾン

使用方法

デクマックスは症状、体重、年齢で服用方法が変わります。
一般的な治療には、成人の場合0.5mgから8mgを1日1回、子供の場合0.15mgから4mgを1日1回服用します。
抗悪性腫瘍剤投与による消化器症状(嘔吐等)には、4mgから20mgを1日1回から2回服用して下さい。
重症の新型コロナウイルスには、6mgを1日1回10日間服用します。
1日の最大服用量は20mgです。
錠剤の成分量が多い場合は、ピルカッター等でカットして服用しましょう。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症診療の手引き202019-COVID第4版

効果・副作用

デクマックスは、炎症を起こす原因物質に直接働きかけて炎症を抑える抗炎症作用や、過剰な免疫反応を抑制する作用等があります。
また、新型コロナウイルスの臨床試験では、重症患者の死亡率が条件によって20%から35%下がっています。

一般的な副作用として、ニキビや頭痛、嘔吐、高血圧、消化不良、クッシング症候群等が報告されています。
重大なものでは、アナフィラキシーショック、誘発感染症、糖尿病、鬱状態、喘息発作等が報告されていますが、頻度は分かっていません。
また、長期の使用を続けると、カンジダ症、白内障、皮下出血、筋力低下が発生する場合もあります。

  • デクマックス(デキサメタゾン)の使用上の注意点

    以下に該当する方は服用できません。


    • 妊娠中または、授乳中の方
    • デクマックスに対して既往歴のある方

    また、以下の方は注意が必要です。
    事前に医師に相談してから服用を開始しましょう。


    • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の方
    • 消化性潰瘍の方
    • 精神病の方
    • 結核性疾患の方
    • 単純疱疹性角膜炎の方
    • 後嚢白内障の方
    • 緑内障の方
    • 高血圧症の方
    • 電解質異常のある方
    • 血栓症の方
    • 最近行った内臓の手術創のある方
    • 急性心筋梗塞を起こした方
    • コントロール不良の糖尿病の方
  • 併用禁忌

    デクマックスと以下の薬剤との併用はできません。


    • ノックビン
    • シアナミド
    • シアナマイド
    • ジスルフィラム
    • ミニリンメルト
    • ジャルカ
    • コムプレラ
    • オデフシィ
    • ダクルインザ
    • エジュラント
    • スンベプラ
    • ジメンシー
    • デスモプレシン酢酸塩水和物
    • テノホビル
    • アラフェナミドフマル酸塩
    • エムトリシタビン
    • ジソプロキシルフマル酸塩
    • ドルテグラビルナトリウム
    • ベクラブビル塩酸塩

    併用注意薬

    以下の薬剤と併用する際は注意が必要です。


    • ネペジル(アリセプト)
    • フェニトイン
    • 糖尿病の薬
    • 利尿薬
    • CYP3A4で代謝される薬剤(イマチニブ、エプレレノン、エレトリプタン等)
    • カスポファンギン
    • CYP3A4を誘導する薬剤(バルビツール酸誘導体、フェノバルビタール、リファンピシン等)
    • HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル)
    • マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン)
    • アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール)
    • アプレピタント
    • サリチル酸誘導体(アスピリン)
    • メフロキン
    • 抗凝血剤(ワルファリンカリウム)
    • 糖尿病用薬(ビグアナイド系薬剤、スルホニルウレア剤等)
    • シクロスポリン
    • カリウム排泄型利尿剤(トリクロルメチアジド、フロセミド)
    • 血圧降下剤
    • サリドマイド
    • エフェドリン
    • カルシウム受容体作動薬(エボカルセト、エテルカルセチド等)

    参考サイトについて

    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。


    Wikipedia:デキサメタゾン
  • 保管方法

    • 高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    • 小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    • 記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    • 分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    デキサメタゾン

内容量

デクマックス(デキサメタゾン)購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★★
    元ギタリストさん(38歳)男性
    喘息の治療薬として購入しています。中々病院にかかる事が出来ないのでとても助かっています。色々な症状にも効果があり、万能薬のように使用できるので常備薬に置いておくのも良いです。最近では、コロナの治療薬として注目されているので、手に入らなくなる前に購入しておきます。
  • ★★★★
    匿名さん(38歳)男性
    喘息の治療薬として購入しています。中々病院にかかる事が出来ないのでとても助かっています。色々な症状にも効果があり、万能薬のように使用できるので常備薬に置いておくのも良いです。最近では、コロナの治療薬として注目されているので、手に入らなくなる前に購入しておきます。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。

目次


購入する