ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他

パナドール(アセトアミノフェン)

1 1 1 1 1 3.8
  • パナドール(アセトアミノフェン)の商品画像01
  • パナドール(アセトアミノフェン)の商品画像01
メーカー:Glaxo Smith Kline  発送国:香港・台湾
パナドール(アセトアミノフェン)の概要

パナドールは、有効成分パラセタモールを配合している解熱鎮痛剤です。

成分 パラセタモール(アセトアミノフェン)
効果 解熱、鎮痛効果
副作用 過敏症状、悪心、嘔吐、食欲不振等
服用方法 1日3回、300mgから1000mg(0.6錠から2錠)

販売価格

パナドール(アセトアミノフェン) 500mg

個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
500mg
24錠
1,980
1錠あたり
(82円)
59pt 売り切れ
500mg
48錠
3,840
1錠あたり
(80円)
115pt
カゴに入れる
獲得pt:115pt
500mg
72錠
5,620
1錠あたり
(78円)
168pt
カゴに入れる
獲得pt:168pt
500mg
120錠
8,760
1錠あたり
(73円)
262pt
カゴに入れる
獲得pt:262pt
メーカー:Glaxo Smith Kline  発送国:香港・台湾
パナドール(アセトアミノフェン)の概要

パナドールは、有効成分パラセタモールを配合している解熱鎮痛剤です。

成分 パラセタモール(アセトアミノフェン)
効果 解熱、鎮痛効果
副作用 過敏症状、悪心、嘔吐、食欲不振等
服用方法 1日3回、300mgから1000mg(0.6錠から2錠)

パナドール(アセトアミノフェン)の商品詳細

パナドールは、イギリスの製薬会社GlaxoSmithKlineが製造・販売する解熱鎮痛剤です。
有効成分パラセタモール(アセトアミノフェン)は、日本国内で処方されているカロナールや、市販薬のタイレノールAにも配合されています。
皮膚の血管を広げて、余分な熱を体外に放出することで熱を下げます
また、痛みの感受性を低下させる作用もあり辛い痛みを緩和します。
パナドールは穏やかに作用しますので、小さなお子さんや、妊娠8ヶ月までの妊婦の方、産後の分娩痛も利用できる医薬品です。
※妊娠後期(28週~の方)は使用を控えて下さい。

使用方法

パナドールは、使用される年齢や、症状によって服用方法が異なります。
服用する際は、空腹時を避け水または、ぬるま湯で服用して下さい。
また、連続で服用する際は、4時間から6時間の間隔をあけて下さい。

解熱、頭痛、歯痛、生理痛等の痛み
1日3回、300mgから1000mg(0.6錠から2錠)を服用して下さい。
1日最大摂取用量は、4000mg(8錠)までです。
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
300mgから500mg(0.6錠から1錠)を頓服する。
1日最大摂取用量は、1500mg(3錠)までです。
小児科領域における解熱・鎮痛
1日3回、10から15mg(0.02錠から0.03錠)/kgを服用して下さい。
1日最大摂取用量は、60mg(0.12錠)/kgまでです。
但し、成人の用量を絶対に超えないで下さい。

効果・副作用

パナドールは、発熱の際に体温を調節するように働きかけ解熱作用あります。
また、痛み感受性を低下させ辛い痛みを緩和します。発熱、悪寒、頭痛、耳痛、歯痛、生理痛、筋肉痛、ねん挫痛、打撲痛、分娩後通等の症状に効果があります。

副作用は、悪心、嘔吐、食欲不振、過敏症、チアノーゼ、血小板減少、血小板機能低下、出血時間の延長等が報告されています。
重篤なものして、アナフィラキシーショック、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、喘息発作の誘発、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、顆粒球減少症、間質性肺炎、間質性腎炎、急性腎不全等の症状が出ることもあります。
これらの症状が現れた場合は服用を中止し、直ぐかかりつけ医師の診察を受診して下さい。

  • パナドール(アセトアミノフェン)の使用上の注意点

    パナドールは、一時的に症状を抑えますが、原因となっている病気を治すものではありません。
    下記の項目に注意が必要です。


    • 副作用が強く出る可能性がありますので、本剤を服用中はアルコールとの併用は避けて下さい。
    • 本剤を1日1500mg以上の高量摂取を長期間服用している方は、定期的に肝機能検査を受診されることを推奨いたします。
    • 妊娠後期(28週~の方)は胎児に影響を与える可能性がありますので、かかりつけ医師に必ず相談して下さい。

    また、下記の項目に該当する方は、服用できません。


    • 消化性潰瘍のある方
    • 血液に重篤な異常のある方
    • 肝臓に重篤な障害のある方
    • 腎臓に重篤な障害のある方
    • 心機能に重篤な障害のある方
    • 本有効成分に過敏な反応を経験したことがある方
    • アスピリン喘息(非ステロイド性抗炎症剤などにより誘発される喘息発作)のある方または、その既往歴がある方
  • 併用禁忌

    パナドールには併用禁忌薬がご座います。
    また、現在服用中の医薬品がある場合、かかりつけ医師または、薬剤師に相談して下さい。


    • アセトアミノフェンを含有した他の医薬品

    併用注意

    リチウム製剤、炭酸リチウム
    リチウム中毒を引き起こす可能性があります。
    チアジド系利尿剤、ヒドロクロロチアジド等
    チアジド系利尿剤の作用を減弱する可能性があります。
    クマリン系抗凝血剤、ワルファリンカリウム
    クマリン系抗凝血剤の作用を増強する可能性があります。
    カルバマゼピン、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド
    長期使用者は、肝薬物代謝酵素が誘導され、肝障害を生じやすくなる可能性があります。
    抗生物質、抗菌剤
    過度の体温下降を起こす頻度が高くなる可能性があります。

    参考サイトについて

    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。


    Wikipedia:アセトアミノフェン
  • 保管方法

    • 高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    • 小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    • 記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    • 分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    パラセタモール(アセトアミノフェン)

内容量

24錠

パナドール(アセトアミノフェン)購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★
    鯖缶さん(30歳)男性
    コロナのために買いました。中途半端なもので対応してるんじゃ乗り越えられないと思うので、がっつり効くように。
  • ★★★★
    クーラーさん(36歳)男性
    ドラストで買うような薬よりよく効いてくれて良い薬です。でも、自分に合った量を見極めるのがちょっと面倒でした。少なく飲みすぎて効果なかったら意味ないし、飲みすぎちゃって副作用出ても怖いし。今はちょうどいい量を見つけられましたが。
  • ★★★★
    匿名さん(43歳)男性
    常備薬として。病院へ行く時間が無く、市販だと効果が弱く、アセトアミノフェンが自分には効くので手軽に変えるのは助かります。海外からなので遅いので、必要な場合は早めに買うのがおすすめです。
  • ★★★
    ゆまままさん(39歳)女性
    今回は送料無料にしたくてついで買いしましたが、たまたま届いた次の日に熱を出してしまいこちらで乗り切りました!家に置いてない二とは常備薬としてあってもいいなと思います。 届くのに時間かかるのですぐに欲しいとかには向かないです。
  • ★★★★
    美夏さん(24歳)女性
    熱が出た時はアセトアミノフェンを飲んでます。私はこれが一番効くので。 毎度、病院に行くわけにもいかず、処方されても数日分しかもらえないので、常備薬として買いました。安くて助かります。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。

目次


購入する