ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他

クエチアピン

  • クエチアピンの商品画像01
  • クエチアピンの商品画像01
メーカー:Apotex 発送国:インド・シンガポール
クエチアピンの概要

統合失調症の改善に期待ができる抗精神病薬です。
クエチアピンの有効成分クエチアピンフマル酸塩が神経伝達物質と結合する複数の受容体に作用します。

先発薬 セロクエル
成分 クエチアピンフマル酸塩
効果 統合失調症、双極性障害、うつ症状、認知症の周辺症状等の改善
副作用 不眠、頭痛、めまい、不安、起立性低血圧等
服用方法 1日150mgから600mg ※症状により異なります。

販売価格

クエチアピン 100mg

個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
100mg
90錠
8,000円
7,200
1錠あたり
(80円)
216pt 売り切れ

クエチアピン 25mg

個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
25mg
60錠
3,500円
3,320
1錠あたり
(55円)
99pt
カゴに入れる
獲得pt:99pt
メーカー:Apotex 発送国:インド・シンガポール
クエチアピンの概要

統合失調症の改善に期待ができる抗精神病薬です。
クエチアピンの有効成分クエチアピンフマル酸塩が神経伝達物質と結合する複数の受容体に作用します。

先発薬 セロクエル
成分 クエチアピンフマル酸塩
効果 統合失調症、双極性障害、うつ症状、認知症の周辺症状等の改善
副作用 不眠、頭痛、めまい、不安、起立性低血圧等
服用方法 1日150mgから600mg ※症状により異なります。

クエチアピンの商品詳細

クエチアピンは、Apotex社が製造を手掛ける非定型抗精神病薬です。
統合失調症の治療薬であるセロクエルのジェネリック医薬品であり、ほぼ同等の効果を有していながら先発薬よりも低価格で購入できます。
配合されているクエチアピンフマル酸塩は、神経伝達物質と結合する複数の受容体に作用する成分です。
脳内に存在する神経伝達物質のバランスが崩れて正常に働かなくなることが発症原因の1つと考えられている、統合失調症を改善させる効果が期待できます。統合失調症の症状には、妄想や幻聴、過剰な興奮等を引き起こす陽性症状と、意欲の低下や無感情等を招く陰性症状がありますが、クエチアピンはどちらに対しても有効です。
また、双極性障害、うつ症状、認知症の周辺症状(BPSD)といった各種精神疾患の症状緩和にも効果があるとされています。
精神疾患の早期発見や治療には、周囲の人々の理解が大切です。
身近な方に疾患の兆候が見られた場合は、速やかに医療機関の受診を勧めてあげて下さい。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。

医療医薬品:クエチアピンフマル酸塩

使用方法

飲み始めは1回につき25mgを、1日2回から3回服用して下さい。
その後、症状の経過を見ながら徐々に1回分の服用量を増やしていきます。
目安は成人で1日150mgから600mgですが、年齢や症状により異なりますので詳細は専門の医師や薬剤師へ相談しましょう。
1日の服用量の上限は750mgまでです。

効果・副作用

クエチアピンに含まれる有効成分クエチアピンフマル酸塩が、セロトニンやドパミン等の神経伝達物質と結合する各種受容体に作用します。
統合失調症、双極性障害、うつ症状、認知症の周辺症状等の改善に効果的です。

主な副作用として、不眠、頭痛、めまい、不安、起立性低血圧、アカシジア、振戦、頻脈、便秘、食欲減退、高血糖症状(口渇、多飲、多尿、頻尿等)、低血糖症状(脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等)等が報告されております。
重篤なものでは、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、悪性症候群、横紋筋融解症、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肝機能障害、黄疸、麻痺性イレウス、遅発性ジスキネジア、肺塞栓症、深部静脈血栓症、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑等が報告されていますが、頻度は分かっていません。
これらの他にも、身体に異常を感じた場合は直ちに服用を中止し、医療機関を受診して下さい。

  • クエチアピンの使用上の注意点

    クエチアピンの服用により、血糖値の急激な上昇、低血糖症状、無顆粒球症、白血球減少が現れる場合がありますので、服用期間中は血糖値測定や血液検査等の観察を十分に行って下さい。
    突然服用を止めたり、急激に服用量を減らしたりすると、離脱症状が現れる場合があります。
    服用を中止する際は、無理のない範囲で徐々に服用量を減らしていくようにしましょう。
    副作用により眠気やめまいを引き起こす可能性がありますので、服用後の車の運転や機械の操作、高所作業等はお控え下さい。
    相互作用を引き起こす場合がある為、アルコールとの併用には十分注意しましょう。
    以下に該当する方は服用できません。


    • 配合されている成分にアレルギーをお持ちの方
    • 昏睡状態の方
    • バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
    • 糖尿病の方または、糖尿病の既往歴のある方

    以下に該当する方の服用には注意が必要です。
    事前にかかりつけの医師へ相談しましょう。


    • 肝機能障害をお持ちの方
    • 心疾患や血管疾患、脳血管障害、低血圧をお持ちの方または、それらの可能性のある方
    • てんかん等の痙攣性疾患をお持ちの方または、その既往歴のある方
    • 不整脈の方または、その既往歴のある方
    • 先天性QT延長症候群の方
    • 自殺企図の既往歴または、自殺念慮のある方
    • 糖尿病の方または、その可能性のある方
    • 妊娠中の方または、妊娠の可能性のある方
    • 授乳中の方
    • 高齢者の方
    • 小児
  • 併用禁忌

    クエチアピンと以下の薬剤との併用はできません。


    アドレナリン
    重篤な血圧低下を引き起こす恐れがあります。

    併用注意薬

    以下の薬剤と併用する際は注意が必要です。


    • 中枢神経抑制剤
    • CYP3A4誘導剤、CYP3A4阻害剤
    • QT延長を起こす可能性のある薬剤

    参考サイトについて

    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。


    Wikipedia:クエチアピン
  • 保管方法

    • 高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    • 小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    • 記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    • 分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    クエチアピンフマル酸塩

内容量

60錠,90錠

クエチアピン購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★★
    ろろりさん(25歳)女性
    病院に行くのが一番なのは分かっていますが、なかなか行く気力が起きません。しっかり行ける日が来るまではこの薬でつないでいこうと思います。今のところ問題ないのであまり心配はしていませんが、体の変化にはしっかり気をつけようと思います。
  • ★★★★★
    みみこさん(25歳)女性
    副作用があんまりでないので感動です。こういう薬は副作用が難点なので。
  • ★★★★★
    かっちゃんさん(36歳)
    完全に必須の薬です。手元にないと不安になりますが、ちょっと多めに購入しておけばOK。自分の症状を見ながら飲んでいますが、今のところ何か困ったことも起きていません。
  • ★★★★★
    匿名希望さん(33歳)女性
    ちゃんと届きました。自宅にいながら受け取れるのはこのご時世ありがたいことです。海外からの発送で届くのに多少時間がかかったので、なくなる前に次回は少し早めに注文しておこうと思います。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。

目次


購入する