ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他

膣ケア

11件の商品が見つかりました

ブイジェル
4.3 (4件)
在庫有り
1本 ¥1,750~
(1本/¥1,750)
  • フェムテック(女性用)
  • 性病/感染症
  • カンジダ
  • 膣ケア
女性器トラブルに!ブイジェルは抗菌作用や除菌作用を持つ天然ハーブを配合したジェルです。
オージーGスポットジェル・無香料(Cg)
4.6 (5件)
在庫有り
1本 ¥3,000~
(1本/¥2,750)
  • フェムテック(女性用)
  • 媚薬
  • 膣ケア
女性を更なる快感へと導く!アダルトグッズとも併用可能なGスポットの感度を向上させるジェルです。
[Pjur]ウーメン・アロエ
4 (2件)
在庫有り
1本 ¥3,650~
(1本/¥2,933)
  • フェムテック(女性用)
  • 潤滑剤(ローション)
  • 膣ケア
潤い不足を解消!避妊具やアダルトグッズとの併用もできる無香料の水溶性潤滑剤(ローション)です。
オーイエスクリトラルスティミュラント(クーリング)
4.8 (4件)
在庫有り
1本 ¥3,300~
(1本/¥3,300)
  • フェムテック(女性用)
  • 媚薬
  • 膣ケア
パラベン・グルテンフリー!身体に優しい天然由来成分が配合された女性用セラムです。
オーワウタイトニングジェル・無香料(Cg)
4.5 (4件)
在庫有り
1本 ¥2,980~
(1本/¥2,740)
  • フェムテック(女性用)
  • 潤滑剤(ローション)
  • 膣ケア
滑らかな挿入をサポート!膣内の乾燥を防ぎ、潤いを与えて挿入に伴う痛みを軽減させる女性用ジェルです。
センストラローション(女性用)
4 (1件)
売り切れ
1本 ¥3,980~(1本/¥3,833)
  • フェムテック(女性用)
  • 潤滑剤(ローション)
  • 膣ケア
女性の快適なナイトライフを応援!女性器の血行を良くすることで感度を上昇させる潤滑剤(ローション)です。
リジェル
4.1 (8件)
売り切れ
6本 ¥4,400~(1本/¥623)
  • フェムテック(女性用)
  • 不感症治療薬
  • 膣ケア
デリケートゾーンの乾燥に!リジェルはセックス時の性交痛や乾燥改善にオススメです。
ビバクリーム
4.7 (14件)
売り切れ
3本 ¥4,440~(1本/¥1,400)
  • フェムテック(女性用)
  • 膣ケア
メンソール効果!不感症等のセックストラブルに効果がある女性用クリームです。
ポールポリッシュキッサブルマッサージクリーム・シンプリーネイキッド(Cg)
5 (1件)
売り切れ
1本 ¥2,300~(1本/¥1,950)
  • フェムテック(女性用)
  • 潤滑剤(ローション)
  • 膣ケア
シルクのような滑らかさ!不快感のない手触りで潤滑作用を高め、ハンドジョブをサポートする無臭タイプのクリームです。
ポールポリッシュキッサブルマッサージクリーム・シンシティストロベリー(Cg)
5 (1件)
売り切れ
1本 ¥2,300~(1本/¥1,950)
  • フェムテック(女性用)
  • 潤滑剤(ローション)
  • 膣ケア
極上の香りと手触り!高い保湿効果を誇る有効成分を複数配合したハンドジョブ用のクリームです。
ポールポリッシュキッサブルマッサージクリーム・ノットソーバニラ(Cg)
4 (1件)
売り切れ
1本 ¥2,300~(1本/¥1,950)
  • フェムテック(女性用)
  • 潤滑剤(ローション)
  • 膣ケア
上品な香りが広がる!滑らかな感触とバニラの甘い香りで官能的な空間を演出するハンドジョブ用クリームです。

膣ケアとは?

恥丘や外陰部、肛門までの膣ケアはとても重要膣の入り口にあたる膣口や、その周辺の部位をケアすることを膣ケアと呼びます。
外陰部(女性器のうち、身体の外側から目視できる部位の総称)や恥丘、肛門までを含めたデリケートゾーンまたは、フェムゾーンとも呼ばれる部分のケアは、女性が健やかな毎日を送り、来たるべき妊娠や出産に備える上でとても重要です。
清潔感を保つことで潤いや弾力性が生まれ、黒ずみ、ニオイ、かゆみ、蒸れ等が軽減される他、血行が促進されることで膣の機能が活性化され、おりものの異常や生理痛等が改善される場合もあります。

昔から、日本人女性の間では性にまつわるデリケートな話題は敬遠されがちです。
はしたない、恥ずかしいといったイメージが強い為でしょう。
しかし近年では、女性の抱える健康面での課題の解決を後押しするフェムテックという言葉が誕生し、人々の関心が高まっています。
膣ケアに関する情報や役立つアイテムも開示されており、インターネットや書籍を通じて誰でも手軽に知識を得ることが可能です。
これまでご自分の膣周辺のケアをした経験がないという方も、今回を機に始めてみてはいかがでしょうか?

膣ケアをしないとどうなる?

膣ケアをしないと感染症や尿漏れなど様々なトラブルが起こる膣やその周辺は、汗、皮脂、便、経血、おりもの等で汚れがちな部分なので、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいがちです。
また、潤いを保てなくなり粘液が渇くと、全身の免疫力も低下します。
外敵に対する抵抗力を失った結果、性感染症を始めとした様々なトラブルを引き起こす原因となるでしょう。
また、周辺の筋肉が衰える尿漏れボディラインの乱れに繋がる恐れもあります。
若いうちからトラブルの予防に努めることも、更年期に備えてご自身の健康状態を見直すことも、女性が美しく健やかな毎日を送る為には非常に大切なのです。

以下は、膣ケアを怠った場合に考えられるトラブルの一例です。

  • 炎症や感染症の発症
  • かゆみ
  • 悪臭
  • 乾燥
  • 膣の萎縮
  • 血流の悪化による腰痛、頭痛、肩こり
  • 冷え性
  • 尿漏れ

セルフチェック

フェムゾーンは視診や触診でセルフチェック顔や首周りのスキンケアを毎日丁寧に行うのと同じように、膣ケアも毎日丁寧に行うほうが良いとされています。
まずはご自分のフェムゾーンが現在どのような状態になっているかをチェックしてみましょう。
フェムゾーンの状態を確かめるには、視診と触診が基本です。

視診

恥ずかしくて自分の外陰部をしっかりと直視したことがない、という方も少なくありませんが、ご自分の今の状態を把握しなければ正しいケアはできません。
鏡を用意し、垢が溜まっていないか、乾燥したり委縮したりしている様子はないか、たるみや黒ずみはないか等を確認して下さい。
特に、小陰唇(皮膚がヒダ状になっている部分)の周りは垢が溜まりやすく、かゆみやニオイの原因になります。

触診

膣を引き締める骨盤底筋の力のチェックも重要です。
膣の中に指を挿入し、ご自分の意思で力を入れて壁の硬さや締め付ける力の強さを確かめてみましょう。
この辺りの筋肉は、子宮、膀胱、直腸等の臓器を支えている為、衰えてしまうと普段の排尿や性交時におけるトラブルにも繋がる可能性があります。

膣ケアのやり方

膣ケアは洗浄、保湿・マッサージ、トレーニングというやり方で行う膣ケアでは、該当箇所を清潔に保つことと、筋肉が衰えないようにメンテナンスすることを目指します。

洗浄

フェムゾーンを洗う際は、専用のソープを使用しましょう。
身体を洗う際に使用するボディソープで洗ってしまうと、膣内に存在する善玉菌を殺してしまう恐れがあります。
専用ソープをしっかりと泡立ててから、爪を立てないように指の腹を揃えて前から後ろへ向かって優しく洗って下さい。
拭く際も力を入れて擦ってはいけません。
綺麗なタオルを軽く押し当てるようなイメージで水分を拭き取ります。
なお、膣内は自浄作用を持っているので、基本的には洗わなくても大丈夫です。

保湿・マッサージ

洗い終わったら、専用のローションやクリーム等を使用してしっかりと保湿しましょう。
清潔な状態をなるべく長く保ち、汚れやニオイを防ぐ効果が期待できます。

マッサージは、入浴後に保湿も兼ねて手早く行うとスムーズです。
専用のオイルやクリームを使用し、外陰部全体を揉みほぐすように優しく指圧しましょう。
フェムゾーンを中心に全身の血行が促進されます。
この時も、爪を立てないように気を付けて下さい。
保湿のみであればローションやジェルも効果的ですが、マッサージを行う際はさっぱりしたテクスチャーのものよりも、クリームやオイルのほうがオススメです。

トレーニング

膣トレーニングで鍛えるべき骨盤底筋は、恥骨、尾骨、坐骨の間に位置しています。
骨盤の底で大切な臓器を支えながら、尿道や肛門を引き締めて排泄をサポートする重要な役割を担っている部位です。
鍛える為に、膣や肛門を引き上げるようなイメージで力を入れ、5秒から10秒ほどキープし、ゆっくりと力を抜く、という運動を数回繰り返してみましょう。
力の入れ方が分かりづらい場合は、ご自身の指やケーゲルボール等の器具を膣内に挿入すると感覚を掴みやすくなります。

膣ケアに役立つアイテム

先述した専用のソープや保湿アイテムの他、外出先でも使用できる拭き取りシートも常備しておくと便利です。
雑菌の繁殖や気になるニオイを手軽にケアすることができます。
使用後にそのままトイレへ流せる商品も販売されています。
膣トレ用品に関しても、スマホと連動して日々の記録ができるものや、重りが付いている為に立ったり歩いたりするだけで鍛えることができるもの等、より使いやすい形に進化した商品がこれまでにも多数開発されてきました。
全ての女性が抵抗なく膣ケアに取り組めるよう、日々研鑽が重ねられているのです。

膣ケアアイテムは目的別で専用アイテムを選ぶフェムゾーンはとてもデリケートなので、目的に合わせた専用のアイテムを選ぶようにしましょう。
フェムテックという言葉が徐々に浸透し始めている近年では、美容用品を取り扱うコーナーの一角に膣ケア商品を並べている店舗も増えているようです。
お近くの店舗で取り扱いがない場合は、インターネット通販をご利用下さい。
膣ケアに特化した商品が数多く販売されています。

薬のデリバリーでは、高い保湿効果に加えて感度の向上や性交痛の緩和効果も期待できるオーイエスクリトラルスティミュラントや、ポールポリッシュキッサブルマッサージクリーム・ノットソーバニラといった商品が人気です。


PAGE UP