ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他

更年期

13件の商品が見つかりました

アシュワガンダ
4.6 (5件)
在庫有り
60錠 ¥1,320~
(1錠/¥20)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
いつまでも健康でいたいあなたへ!疲労回復や精力増強、老化防止等、様々な角度から毎日の健康を補助するサプリメントです。
プレマリン
4.7 (3件)
在庫有り
28錠 ¥4,200~
(1錠/¥115)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
加齢に負けない健康な身体へ!体内で不足した女性ホルモンを補い、心身の不調を取り除く医薬品です。
エチニラ
4.7 (3件)
在庫有り
112錠 ¥3,600~
(1錠/¥28)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
女性特有の不調を根本から解決!体内で不足した卵胞ホルモンを補い、更年期障害を始めとする様々な不調を改善する医薬品です。
エストロモン
5 (2件)
在庫有り
100錠 ¥4,500~
(1錠/¥32)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
プレマリン・ジェネリック!更年期障害や不妊症等の症状改善に効果的なホルモン剤です。
セルノスジェル
4.5 (4件)
在庫有り
14袋 ¥4,500~
(1袋/¥289)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
外用タイプのホルモン剤!体内で不足したテストステロンを補い、大人の男性の健康をサポートする医薬品です。
プロギノバ
4 (2件)
在庫有り
56錠 ¥4,700~
(1錠/¥74)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
大人の女性の健康に!加齢やストレス等によって乱れた女性ホルモンのバランスを整えるホルモン剤です。
オエストロジェル
3.5 (2件)
在庫有り
1本 ¥3,780~
(1本/¥3,026)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
塗るタイプのホルモン剤!女性の体内で不足した卵胞ホルモンを補う外用薬です。
メノサン
5 (4件)
在庫有り
60錠 ¥2,490~
(1錠/¥41)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
副作用の心配なし!女性の更年期障害や生理等にまつわる症状を和らげるサプリメントです。
イブケア
4.4 (5件)
在庫有り
30錠 ¥1,350~
(1錠/¥40)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
月経や更年期障害に悩む貴女へ!女性ホルモンのバランスを整えるサプリメントです。月経にまつわる不調や更年期障害等の症状を改善します。
ラジャグプラヴァタニ・ファーティ
4.5 (4件)
在庫有り
80錠 ¥1,460~
(1錠/¥18)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
女性のお悩みを解決!女性ホルモンのバランスを整えて健康をサポートするサプリメントです。
メンダポーズ
4.3 (3件)
在庫有り
60錠 ¥3,400~
(1錠/¥45)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
大人の女性の為のサプリメント!女性ホルモンのバランスを整えることで更年期障害の症状を改善するサプリメントです。
プレマリンクリーム
4 (1件)
売り切れ
1本 ¥3,600~(1本/¥3,240)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
塗るタイプのホルモン剤!体内で不足した女性ホルモンを補い、健康をサポートする外用薬です。
センストラ
3.5 (2件)
売り切れ
30カプセル ¥2,880~(1カプセル/¥81)
  • フェムテック(女性用)
  • ホルモン剤
  • 更年期
健康とナイトライフのサポートに!アメリカで開発された女性ホルモンを整える効果を持つサプリメントです。

更年期とは?

閉経前の5年間と閉経後の5年間の期間が更年期に該当更年期は、加齢に伴いホルモンバランスが大きく変化する期間です。
一般的には閉経前の5年間と閉経後の5年間を合わせた約10年間が該当します。
個人差はありますが、日本人女性の多くは40代から50代の間に経験すると言われている為、およそ50歳前後で訪れるものであるとお考え下さい。

医学的には、月経が来ない状態が12ヶ月以上続いた際に閉経と診断されます。
若い時でも生活習慣の乱れやちょっとした体調不良等によって月経不順が起こる場合がありますが、閉経は一時的なものではなく、永久的に月経という機能が停止した状態です。
閉経を迎えると、女性は妊娠ができなくなり、体内でのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌も完全に止まります。
そして、ホルモンバランスの変化が原因で、更年期障害と呼ばれる不調が表れるようになるのです。

更年期障害について

更年期障害は女性ホルモンの急激な変化による身体からのSOS2種類ある女性ホルモンのうち、卵胞ホルモンには女性らしい身体作りをサポートしたり、妊娠の準備をしたりする役割があります。
その他、心身の健康を左右する自律神経の働きにも関わりがあるとされており、健やかな日々を送る為には欠かせません。
過剰にも不足にもならないよう、丁度良いバランスを保つことが重要です。

ところが、更年期を迎えると女性ホルモンの分泌量が急激に変化してしまうので、バランスの調節が非常に難しくなります。
やがてその変化についていけなくなると、体調不良という形で身体からSOS信号が発信されます。
それが更年期障害です。

更年期障害の主な症状としては、血管の収縮・拡張が上手く制御できなくなる血管運動神経症状、血管の問題とは直結しない身体的な不調、感情の起伏や興奮状態が抑えられなくなる精神神経症状等があります。

血管運動神経症状

顔のほてり(ホットフラッシュ)、のぼせ、発汗、動悸等

その他の身体的な不調

めまい、動悸、頭痛、関節痛、しびれ、疲労感、冷え性、背中や腰の痛み等

精神神経症状

イライラ、不眠、気分の落ち込み、意欲の低下、情緒不安定等

重篤な症状

更年期障害の症状や重症度は人によって異なりますが、その中でも特に注意したいのは骨粗しょう症、動脈硬化、脂質異常症、高血圧、糖尿病、肥満症(メタボリックシンドローム)といった本格的な治療を要する症状の誘発です。

例えば、骨密度が低下する骨粗しょう症に罹ると、ご自分の足で満足に歩けなくなったり、些細な原因で骨折のような大怪我をしてしまったりするリスクが飛躍的に上昇します。
また、血管の弾力性が失われる動脈硬化を発症すれば、心筋梗塞や脳梗塞のような命にかかわる疾患に、ある日突然襲われることになるでしょう。
糖尿病や高血圧といった完治できない症状に見舞われた場合、食事制限、運動、投薬、通院等を生涯続けていかなければなりません。

これらも全てエストロゲンの分泌量の減少、つまりホルモンバランスの乱れにより引き起こされる危険が高まることが報告されていますので、日々の体調管理を怠らないようご注意下さい。

更年期障害の症状軽減

更年期障害は運動やサプリメントなど自分に合った方法で症状を軽減できる更年期障害を完全になくすことは難しいですが、自分に合った対処法を見つけて症状を軽減させることは十分に可能です。

バランスの良い食事

規則正しい時間に、栄養バランスの取れた食事を、毎日3食しっかり摂取して下さい。
体調が優れないと食欲も落ちてしまいがちですが、体内で不足した栄養をきちんと補ったほうが復調も早いものです。
主食、主菜、副菜、汁物、デザートを無理のない範囲でバランス良く取り入れてみましょう。
栄養素としては、エストロゲンと似た働きを持つとされる大豆イソフラボンや、ホルモンバランスを整える働きを持つとされるビタミンE等を意識して摂取することをオススメします。

適度な運動

毎日身体を動かす習慣をつけることで、丈夫な骨や筋肉の形成を促したり、自律神経の乱れを整えたりする効果が期待できます。
ただし、更年期に差し掛かる年齢で突然激しい運動を始めると、身体に大きな負担が掛かってしまい逆効果になる可能性が高いので、ほんの少しずつでも毎日無理なく続けていけるメニューを検討して下さい。
ウォーキングやジョギング、水中歩行、サイクリング、ヨガといった有酸素運動は特に有効です。
運動後、身体に強張りを感じた場合は、時間をかけてストレッチやマッサージを行いましょう。

医薬品やサプリメント

体内で不足した女性ホルモンを外から補うのも効果的です。
食事で自然に補充できるのが理想ですが、それだけでは間に合っていないと感じた場合には、医薬品やサプリメント等を試してみると改善するかもしれません。
女性ホルモンの代替となる物質が凝縮された医薬品や、身体の様々な不調を和らげる効果が期待できるサプリメントが、毎日の健康維持をしっかりサポートしてくれるでしょう。
薬のデリバリーでは、医薬品であればプレマリンプロギノバオエストロジェル、サプリメントであればセンストライブケアメンダポーズといった商品が人気です。

医療機関の受診

更年期障害の中でも精神神経症状が強く出た為に、仕事や日常生活に支障が出てしまった、という方も少なくありません。
イライラして周囲の人に当たってしまう、気持ちが異常に沈んで何も手に付かなくなる、情緒不安定で感情がコントロールできない等、自分の力ではどうにもならない心の変化に戸惑うケースはとても多いです。
生活習慣の見直しや女性ホルモンの補充で症状が改善できない際は、婦人科や更年期外来を備えた医療機関への相談も視野に入れましょう。
専門家にじっくり話を聞いてもらったり、改善の為の具体的なアドバイスをもらったりすることで精神的な疲労が楽になる場合があります。

更年期との向き合い方

更年期は認識共有が難しいので自分の心身を労わって悪化を防ぐ更年期障害は、月経前症候群(PMS)や月経困難症と同じように他者との認識の共有が難しい症状です。
程度にもバラつきがある為、同じ女性同士であっても分かり合えない場合もあります。
元々少し相談しづらい上に、相談しても理解してもらえないというストレスが、更に女性を苦しめる結果になってしまうのです。

そんな時は、まずご自分でご自分の心身を労わってあげて下さい。
「障害」扱いされている程の症状と無理に戦う必要はありません。
疲れた時には休む、気分が晴れない時には散歩をする等、ストレスを溜め込まないことが症状を悪化させないポイントです。
更年期は長いように思えますが、きちんと終わりがあります。
正しい知識を身に付けて、なるべく穏やかな生活が送れるようにしましょう。


PAGE UP